面接イメージ

明日は面接

面接の前日は、何をしたらいいのでしょうか。翌日に面接を控えて、緊張気味という人もいるでしょう。面接を受けるということは、応募書類が合格点に達したということです。企業側としては、応募書類の内容を見て、「ぜひ会ってみたい」と思ったわけです。内定を得るにはもう一息のところまできているのです。

そんな面接の前日にやることはただひとつ、応募書類を読み返すことです。企業は、応募書類を通して見たあなたの人柄や職務経歴しか知りません。ですから、送付した書類の内容を掘り下げた質問が予想されるわけです。

あなたがすることは、書いた内容を、専門用語を使わずに、多角的な面から説明ができるようにしておくのです。自分が書いた内容を家族や友達に見てもらい、わからないところはないか、聞いてみるのもいいと思います。自分が長年携わってきた仕事などは、自分では当たり前と思いこんでしまっていることがあるのです。その仕事ととは無関係の第三者に、その点をチェックしてもらうのがいいでしょう。

そうすることで、面接でどんな質問がされるのか、おおよその見当がつきます。応募書類の内容を完璧に説明できるだけで、面接は8割がた成功したようなものです。